2016年3月3日木曜日

ロダン 作「パリのごろつき」 絵葉書

以前、このブログで、白樺派の同人にもたらされたロダンの作品で、「ゴロツキの首」だけがない書きましたが、やっと手に入れました。
http://prewar-sculptors.blogspot.jp/2014/03/blog-post.html


ところで、この作品の正式な名前ってなんなのでしょう?
「巴里ゴロツキの首」でいいのかな?
いつからこうなったのか興味があります。

また、現在の大原美術館所蔵のものは台座がありますが、これもいつ作られたものか。
こうやって野菜みたいにゴロンところがっているのも風情あって良いですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿