2019年2月16日土曜日

藤井浩祐先生作品個展集 絵葉書

前回に続き、藤井浩祐です。
この「藤井浩祐先生作品個展集」の絵葉書は、藤井浩祐が個展を行った際に展示した小品を撮影し、絵葉書にしたものだと思われます。






この絵葉書にされた個展の時期は不明です。
藤井浩祐は、画廊で個展を行った最初の彫刻家と言われています。
1914(大正3)年に銀座の画廊での初個展の後も、いくつかの展示を行っていると思われ、この絵葉書の個展もその一つだと考えられます。

絵葉書にされた作品は、現在も売買されていて、ヤフオクなんかでも見かける事ができます。
この個展時が、またはその後か、結構な数が鋳造されているのでしょう。

この絵葉書の好きなところは、背景がそのまま写されているところです。
当時の彫刻の絵葉書の多くが、背景を布で隠したり、塗りつぶしたり処置しているのですが、この絵葉書は展示の風景のまま撮られています。
きっとこれらが小品だからでしょうが、その結果、身近にある彫刻と言った藤井浩祐作品が持つ軽やかさを際立たせています。

彼は人体塑像の他に、メダルや工芸作品を多く扱いましたが、そのどれにも彼の作家性が貫いています。
それは平櫛田中や石井鶴三ら、またその後の彫刻を純化しようとした作家とは異なる態度です。
これに高村光太郎も加えても良いのですが、そんな彫刻道という様なあり方を日本近代の彫刻は求めてきました。
藤井浩祐という作家は、そこから外れる作家だったのですね。
ですから、彼は日本の近代彫刻史からしたら周辺の作家として扱われます。
しかし、それはつまり欧米の作家か現代のアーティストに似た彫刻家だったと言えます。
この捩れを体現しているのが、藤井浩祐なのですね。

2019年2月10日日曜日

藤井浩祐作「第七回全国都市対抗野球大会 参加賞」メダル


藤井浩祐作「昭和8年 東京日日新聞社・大阪毎日新聞社主宰 第七回全国都市対抗野球大会 参加賞」メダルです。

昭和2年より、現在も行われています都市対抗野球大会の参加賞ですね。
優勝都市は、第一回から三回までが大連、戦争で中止となる直前の1940年に行われた第14回大会は京城府と、この大会の歴史は、日本史の縮図になっている気がします。

本当に小さなメダルですが、どこから見ても藤井浩祐らしさが溢れたメダルです。
扇子で顔を隠した女性が立ち姿で描かれています。
裸像に見えますがどうでしょう?
室内で行われる展覧会と異なり、公共に用いられるメダルに裸婦の像はあまり見かけません。
藤井浩祐の他の作品に同様の作品があればハッキリするのですが、どうも無いようです。

藤井浩祐の作品には、多くの裸婦の他に、踊り子など風俗を描いた作品があります。このメダルの作品が裸婦像であるならば、その中間の作品だと言え、興味深いです。
このメダルの姿から、モネの『着物をまとうカミーユ・モネ』のようなジャポニズムを感じます。つまり海外から見た日本という視線です。
彫刻(sculpture)という海外の文化を用いて日本を見る。
これはまさに藤井浩祐の視線のあり方だと言えないでしょうか?
そして、その視線が常に軽やかで明るい!
彼の作品を見ると、彫刻の未来を信じている藤井浩祐の姿が浮かびます。


2019年1月26日土曜日

布施英利著「藤田嗣治がわかれば絵画がわかる」 富田芳和著「なぜ日本はフジタを捨てたのか?―藤田嗣治とフランク・シャーマン1945~1949」

布施英利著「藤田嗣治がわかれば絵画がわかる」
富田芳和著「なぜ日本はフジタを捨てたのか?―藤田嗣治とフランク・シャーマン1945~1949」
を読む。


第二回大東亜戦争美術展覧会出品 『○○部隊の死闘』

「藤田嗣治がわかれば絵画がわかる」は、藤田嗣治を『黒の画家』として、布施英利さんの目から見た藤田像が語られています。
そういわれて初めて、藤田が「黒」を用いる画家なのだと気づかされました。
背景にせよ、輪郭線にせよ、藤田は確かに「黒」を多用します。
しかし、その黒が他を邪魔せず、主張しない。その「黒」の軽さが藤田の絵の魔力の秘密なのかも知れません。

画像は第六回文部省美術展覧会出品 『嵐」
第六回文部は、1912(大正元)年。渡仏前の作品ですね。
これも「黒」の絵ですが、この頃は、まだ「黒」が主張しています。
若き藤田の、反黒田の気概が前面に出た頃の作品なのでしょう。


藤田が最後に描いた礼拝堂のフレスコ画に「黒」が多用されていないことから、著者は藤田の心象の変化、彼が最後にたどり着いた心を読み取ります。
ただ、西洋のフレスコ画の黒のありかたについて詳しくないので、本当に藤田が「黒」を避けたのかは、この本の内容だけではなんとも言えませんでした。

次に富田芳和著「なぜ日本はフジタを捨てたのか?―藤田嗣治とフランク・シャーマン1945~1949」ですが、こちらは終戦前後から渡仏までの藤田を、フランク・シャーマンの資料から読みとられた藤田を描いたノンフィクションです。

この本にも書いてある昭和19年の芸大教授の交代劇については、前から興味があって調べているのですけど、著者の言う戦争画と交代劇との関わりは微妙だと思っています。大観が裏で糸を引き、辞退したとは言え高村光太郎を迎えられようとしたことからも、戦争協力していたかが影響したとは思えません。

とは言え、この本の魅力は、日本人ではないが日本を愛し、日本の文化に尽くしたフランク・シャーマンという人物から見た藤田嗣治という新しい視点を描いたところにあると思います。
シャーマンの見た藤田が、実際の藤田を代弁しているとは思いませんが、同時代に生き、藤田に付き添ったシャーマンの視点は、昨今の多くの藤田論の中でも、特別なものに感じます。

また、藤田がGHQの為に描いたという十二単のマリア像を版画にしたクリスマスカードは、布施英利著さんが著書で書かれていた藤田の宗教画の一つなのでしょう。けれど、他の宗教画の作品と違い、何か決定的な作品であったのではと思われてなりません。
是非見てみたいですね~

藤田嗣治の作品を理解するのは、日本の美とは何か、それが西洋と出会いどう変わって行ったのかを理解しなければならないと考えています。
例えば最近、江戸の絵画を「奇想」として語られていますが、この系譜に藤田の作品は繋がっているといえるかも知れません。
しかし、それもまた、藤田作品を語る一つの視点でしかありません。
私は、藤田嗣治の作品に寄り添って、この問題をずっと考えて生きたいと思っています。

2019年1月3日木曜日

日蓮上人銅像掛軸

福岡に現在も建っています、日蓮上人の銅像建立を記念して作られた掛軸です。

1904(明治37)年に建てられたこの像は、 彫刻家竹内久一によって原型が制作されました、日本の銅像としては初期の作品です。
その為、西郷像や楠木正成像のように木彫で原型が制作されています。

Wikiより『「日蓮聖人銅像」は、福岡県の日蓮宗徒の運動により発案され、明治25年(1892年)、東京美術学校に雛形の制作依頼が来る。翌年の4月、久一が50分の一の木彫雛形の制作に着手し、8月に雛形の銅像が完成。明治27年(1894年)2月、正式な契約が結ばれ、5月に木型の担当者に任命される。木型の制作は、校内で明治28年(1895年)1月に開始され、木曽の山中から檜を取り寄せ、翌年の6月に完成した。』



実際の銅像に似せたとは言えない、伝統的な描かれ方がなされているのは、『実際のものをリアリズムで描く」ことが共通認識としてなされていない当時の作品だからでしょうか。
この、目の前にあるというリアリズムより、伝統的な描き方を優先するという考えは、現在の私たちからすれば違和感があり、興味をひきます。
楠木正成像制作に当り図案が東京美術学校内で公募されたのですが、こういった描き方がなされていたのでしょうか?

そしてこれが、実際の日蓮像です。
この建立の後、日蓮は血盟団事件や満州事変等々の思想の柱となって行きます。
その先駆けとなったのがこの銅像でした。
ただし、立像ではありますが、左手に法華経を持つ伝統的な姿です。
1902(明治35)年に制作された高村光太郎の「獅子吼 (ししく)」や戦時に作られた日名子の日蓮像と比べれば、この掛軸の絵の様に、大きくなった仏像といった印象を受けます。
というよりも、明治から昭和初期にかけて、日蓮のイメージが竹内久一を超えていってしまったというのが正しいのでしょう。
日名子の日蓮像

2019年1月1日火曜日

謹賀新年 祝2019 筋肉彫刻!

謹賀新年!
昨年の紅白で、天道よしみの曲に合わせた「筋肉体操」が披露されたわけですが、こちらも負けじと「筋肉彫刻」です!
まずは、朝倉文夫作 第七回帝国美術院展出品「水の猛者」。
第七回帝展は1926(大正15)年。作品タイトルと彫刻の姿から水泳選手の像だと思われます。
競泳初のオリンピック金メダリストの鶴田義行でしょうか?

次は同じく七回帝国美術院展出品「望洋」、作者は横江嘉純。
なんともとりとめの無いタイトルですが、横江嘉純らしい男性美に溢れた彫刻です。

同じ男性の肉体を扱っていても、まったく毛色の違う2点。
朝倉文夫の現実の肉体美を追及する作品と、横江嘉純の理想の究極の肉体美を描こうとする作品。

前述の「筋肉体操」では、この二つのベクトルがせめぎ合い、実際に嘘のつかない筋肉が出来るわけですね。
三島由紀夫は、これらを追い求めて、理想の方が超えて行ったのでしょう。
そう思うと、横江嘉純のこういった男性美の作品は、朝倉文夫以上に危うくて面白いのです。

2018年12月16日日曜日

畑正吉によるメダル史

1937(昭和12)年に出版された『東西美術大集 : 絵画彫刻工芸」には古今東西の美術品を集め、その解説書には木村荘八、太田三郎、田辺孝次、仲田定之助、藤川勇造らが各作品について解説を行っており、当時の美術観を垣間見る事ができます。

その中に、メダル史について畑正吉が語っている文章があります。
短い文章ですが、彼や当時のメダルに関わる作家の考えを理解でき、私にとってはかなり興味深い文章です。
下にその文章を載せます。(旧仮名遣いは変えてあります。)

----------------------------------
工芸作品には工作の如何により大なる変化を与えるものである。
メダルの開祖伊太利のピサネロ(十四世紀)の鋳銅のメダルから、のち希臘、羅馬の貨幣と同様の方法で作られた直彫の極印(鋼鉄の鏨を以て陰刻したメダルの型)から圧印したものには、また別種の趣を呈し、今日も作られている。然るにこの期の末からじかぼりの極印即ち彫金の外に仏蘭西に於いて縮彫機械(マツシーヌ・ド・レヂュクション)を発明され、為に所用メダル数倍の塑像原型から鋼鉄へ彫刻されるようになった。
この縮彫された極印によって、さらに一変化を与えたのである。
この過渡期に際しシャプラン、シャルパンチェ、ローチなどは最も苦心し、図に見るが如き特色ある、またメダル本来の目的にかなった作品ができたのである。図の如くシャプランとローチはまだじかぼりの風を帯びているが、シャルパンチェは塑像彫刻の縮図のようであってこれは全く縮彫機械によって起った変化である。故にこの機械最初の発明者コンタマンとこれを完成したヂュヴァルとジャンヴィエの三氏も忘れることができない。
----------------------------------
ピサネロをメダル芸術の祖とし、シャルパンチェ(ALEXANDRE CHARPENTIER)を縮彫機を用いた近代メダルの祖としています。
芸術性だけでなく、新しい技術を以って、メダルの時代を分けているのですね。

2018年12月11日火曜日

女子中等対抗陸上競技会 東京跳躍競歩 メダル



このメダルに刻まれていることを素直に読めば、1941年(紀元2601年、昭和16年)に東京陸上競技協会主催で行われた「女子中等対抗陸上競技会」において東京跳躍競歩に出場した選手に与えられたメダルだと言えます。

ですが、よく分かりません。
まず、「女子中等」とは中等教育を受けている女性を指すのでしょうか?
であれば、それは「高等女学校」に通う女性と言う意味であり、そういった女学校の生徒のみの大会が行われたことになります。

当時の女学生と言えば、昭和に入っていると言えど、お嬢様たちだったと思います。
そういった彼女たちが行う陸上競技大会のメダルがこれだったわけです。
この、いかつい男の姿が描かれたメダルが!!!

はたして、お嬢様たちはこのメダルを受取って喜べたのでしょうか??

また、このメダルの作者ですが、銘がでかでかとあるのですが、こちらもよくわかりません。
以前、小平市平櫛田中彫刻美術館で行われ、私も参加しましたメダルの展示では、このメダルと同型の作品が展示されていました。
そちらは昭和7年に行われた「第十六回関東学生陸上競技対抗選手権」のメダルで、安永良徳作と紹介しています。
そのメダルには「Re」の刻印がありますが、私の「女子中等対抗陸上競技会 東京跳躍競歩」メダルにはありません。
そして、私の方のメダルの銘は、安永のものとは異なります。
安永作品であるのかないのか、断言できる材料が今のところありません。