2019年3月18日月曜日

The Medal Maker

凄く貴重な映像を見つけました!
1920~1930年代頃のアメリカでのメダル制作を映した映像のようです。
とはいえ、巨大な縮彫機、まだ電気鋳造でない製造方法と、かなり古い技術をわざわざ選んで撮ったように思います。
これは勉強になる!

2019年3月17日日曜日

昭和13年 大独逸展覧会 Große Deutschland Ausstellung 絵葉書

昭和13年に日本各地で巡回して行われた「大独逸展覧会」の絵葉書です。
昭和13年は日独伊三国同盟の2年前、ベルリンで行われた「伯林日本古美術展覧会」の前年にあたります。
 https://prewar-sculptors.blogspot.com/2016/12/blog-post_7.html

ナチス・ドイツがミュンヘン会談でチェコスロバキアのズデーテン地方を得た年にあたり、ヒトラーの絶頂期と言えるでしょう。
ドイツの「優れた」文化と発展の経緯を広く知らしめる為に行われたこの展覧会では、地図、写真の他に絵画や彫刻も展示されたようです。

下の絵葉書は、油彩「世界大戦の於ける英国の大攻撃に対する防衛」です。

この時代に「世界大戦」と言うのは、第一次世界大戦を指します。
第一次大戦では、日本もドイツに宣戦布告し、青島等を占領します。
戦勝国に、自国の敗戦も含めた文化のを示そうというのですから、ナチスの自信は相当のものだったと想像できます。(もちろん、ナチスにとって帝政ドイツは、否定するものだったとも言えますが)

このドイツの戦争画を見るに、藤田嗣治や宮本三郎ほど巧くは無いように見えますが、緊迫感の質が違うように感じます。
根本的には日本兵の敗北を描けなかった日本の戦争画との違いでしょうか?

また彫刻関連では、時代で分けられた軍服を着たマネキンが展示されました。
第一次世界大戦時のマネキンが、どこか卑屈で、可愛そうですね...
これらのマネキンは母国から運んだドイツ製でしょうか?
それとも日本製なのでしょうか?
当時の西欧はマネキン文化の花盛り。このマネキンもかなり良くできていると思いますがいかがでしょう。
http://jamda.gr.jp/museum/01/02.htm

最後に一人の建築家を紹介します。
当時の北海道に住み、全国各地に近代建築物を建てたスイス出身の建築家マックス・ヒンデル(Max Hinder)は、この展示の全体構成をしました。
カトリック神田教会カトリック松が峰教会など、現代も残り登録無形文化財にもなっている建築物が、彼の作品です。
そんなマックス・ヒンデルが、ヨーゼフ・ゲッベルス首相下の宣伝省と共に企画運営したのがこの「独逸展覧会」でした。
そして、彼は1940年というドイツがフランスに無血入城した年に、ドイツへ、あのヒトラーの山荘、ケールシュタインハウスのあるバイエルン州の学校へ赴任し、その地で亡くなります。
彼はただの一介の建築家だったのでしょうか?

アサヒ徽章カタログより

戦前のアサヒ徽章製作所のカタログより、末ページの記事です。


図案部の新進気鋭意匠には、彫刻家ではなく洋画家の倉垣辰夫が選ばれています。
倉垣辰夫は、大正15年東京美術学校西洋画科卒業、昭和5年第11回帝展に「曲馬団」が初入選して以来、官展に作品を発表。馬の洋画家として知られたと言います。

当時のメダル業界では、「図案家」「彫刻家」「錺師」がメダル制作に関わる技術者でした。
このアサヒの記事からは、その中でも、「図案家」にある種の権威がある、または「図案家」に「芸術」としての権威が必要とされていると言うことがわかります。

つまり、メダル業界は、芸術としてのメダルが商業化されたのではなく、職人業界が「芸術」の威を借りようとしてたのですね。
その為、彫刻家によるメダル制作と、メダル業界とは、同じ時代を進みながら、同じ技術で作製しながら、同じ市場で争いながらも、根本で交わらなかったのだろうと思います。
それはメダル業界を描いた山田盛三郎(著)「徽章と徽章業の歴史」を読んでもそう思いました。

振り返って現代を見れば、「芸術」の権威は低くなり、新進気鋭(少し名の出た)芸術家がメダルを制作したところで誰が目に留めるでしょう。
草間弥生のメダルとか、奈良美智のメダルとかが、次の東京オリンピックの記念目メダルとして出るかもしれませんが、そのレベルの作家でやっと威光があるといったところでしょうか?
どちらかと言えば、職人がその技術でもってメダルを制作したほうが、消費者の嗜好に合うのかもしれません。
時代は変わりましたね。

2019年3月5日火曜日

公共空間における日本初の女性裸体像 その2

前回の記事を書いてから、戦前の女性裸体像についての私の記憶の糸をたぐって見ました
で、思い出したのは2つ。

先ずは東京都江東区浄心寺にあります、日名子実三の蔵魄塔(ぞうはくとう)―関東大震災殃死者慰霊塔―です。

関東大震災と美術―震災は美術史にどのような影響を与えたか
http://www.kasen.net/disaster/19230901/koto02/index.htm

これは1925(大正14)年建立とされていますので、かなり早い時期の「公共空間における女性裸体像」と言えるでしょう。

もう一つは私のコレクションの中から『都新聞「裾模様募集出品記念章」メダル』で描かれた女神裸像です。
https://prewar-sculptors.blogspot.com/2014/12/blog-post_29.html
建築物の上に裸体の女神像が立っている姿が描かれています。
ただ、この像の情報がまったく入手できておらず、実在したかも不明ですが。

まだまだありそうですね。
「公共空間における日本初の女性裸体像」探索はこれからも続きそうです。
そして、女性裸体像だけでなく男性裸像もまた、いつから建っているのかにも興味が出てきました。
もしかしたら女性像より遅いのかも。

2019年3月4日月曜日

公共空間における日本初の女性裸体像

公共空間における日本初の女性裸体像は何か?

現在ではあちらこちらに見られる裸婦の銅像。
この国で、それが始めて建ったのはどこでしょう?

昨年のartscapeでの「彫刻を見よ——公共空間の女性裸体像をめぐって」の記事に、『『電通 一〇〇年史』および『電通創立五十周年記念誌』によれば、この《平和の群像》こそ、この国の公共空間に初めて誕生した女性裸体像である。』とあります。
http://artscape.jp/focus/10144852_1635.html
この電通の記述から感じるのは、「裸婦を公共空間に設置できる新しい日本」つまり戦前と違うという、この像に込められたプロパガンダです。
当時、この像を設置する意義として、この政治性が必要だったのでしょう。
政治性を帯びたモニュメントと言う意味に於いて、この裸婦像は戦前と変わりません。
「彫刻を見よ——」の記事の中でも、その首を接げ変えただけの日本の裸婦像のあり方を指摘しています。

では、首を接げ変える前の銅像、戦前の銅像に裸婦は無かったのでしょうか?

戦前の日本の彫刻家に於いて、彫刻は野外に設置するものだという認識があったようです。
例えば朝倉文夫の塾では、草木と共に彫刻を設置しました。
ただし、石膏のままでは野外の設置は難しく、実際に野外展が行われた記録は、私の知る限りではありません。

では石像ならどうでしょう?
たしか、北村四海だったと思いますが、彼の大理石の裸婦像を家の庭に置きっぱなししていたら、それが盗まれたとか。
庭なので公共空間とは言えませんが、それでも外から見ることの出来る場所に裸婦像はあったと言えます。

また、公共空間とは言えないし、全裸でもありませんが、博覧会場での裸婦像というのはあったようです。
これは、1936(昭和11)年に、私の地元岐阜で行われた「躍進日本大博覧会」絵葉書です。

wikiによると、『1936年(昭和11年)3月25日~5月15日(52日間)に開催。会場は岐阜公園及び長良川流域。入場者総数は約193万2,000人。
展示館は30~40館あったという。岐阜県館、岐阜市館、郷土館、愛知名古屋館、近代科学館、国防館、台湾館、満州国館、朝鮮館などがあった』とあります。

この絵葉書から想像するに、博覧会と言った限定された場所と期日であったこと、海外の裸婦像の様に噴水として庭園に設置されていること、または半裸の観音像といった様相であることから、当時における裸婦像の設置が許可されたのではないかと思います。

残念ながら、作者は不明です。
この博覧会が行われた岐阜公園には、畑正吉による板垣退助銅像がありました。
とすれば、これも畑正吉作品なのでしょうか?
https://prewar-sculptors.blogspot.com/2016/06/blog-post_25.html

明治から昭和初期まで、各地で行われた博覧会会場に於ける彫刻には、多くの彫刻家が関わったようなのですが、まだまだ調べが足りてません。
そこには他にも裸婦像があったかもしれませんね。

2019年2月16日土曜日

藤井浩祐先生作品個展集 絵葉書

前回に続き、藤井浩祐です。
この「藤井浩祐先生作品個展集」の絵葉書は、藤井浩祐が個展を行った際に展示した小品を撮影し、絵葉書にしたものだと思われます。






この絵葉書にされた個展の時期は不明です。
藤井浩祐は、画廊で個展を行った最初の彫刻家と言われています。
1914(大正3)年に銀座の画廊での初個展の後も、いくつかの展示を行っていると思われ、この絵葉書の個展もその一つだと考えられます。

絵葉書にされた作品は、現在も売買されていて、ヤフオクなんかでも見かける事ができます。
この個展時が、またはその後か、結構な数が鋳造されているのでしょう。

この絵葉書の好きなところは、背景がそのまま写されているところです。
当時の彫刻の絵葉書の多くが、背景を布で隠したり、塗りつぶしたり処置しているのですが、この絵葉書は展示の風景のまま撮られています。
きっとこれらが小品だからでしょうが、その結果、身近にある彫刻と言った藤井浩祐作品が持つ軽やかさを際立たせています。

彼は人体塑像の他に、メダルや工芸作品を多く扱いましたが、そのどれにも彼の作家性が貫いています。
それは平櫛田中や石井鶴三ら、またその後の彫刻を純化しようとした作家とは異なる態度です。
これに高村光太郎も加えても良いのですが、そんな彫刻道という様なあり方を日本近代の彫刻は求めてきました。
藤井浩祐という作家は、そこから外れる作家だったのですね。
ですから、彼は日本の近代彫刻史からしたら周辺の作家として扱われます。
しかし、それはつまり欧米の作家か現代のアーティストに似た彫刻家だったと言えます。
この捩れを体現しているのが、藤井浩祐なのですね。

2019年2月10日日曜日

藤井浩祐作「第七回全国都市対抗野球大会 参加賞」メダル


藤井浩祐作「昭和8年 東京日日新聞社・大阪毎日新聞社主宰 第七回全国都市対抗野球大会 参加賞」メダルです。

昭和2年より、現在も行われています都市対抗野球大会の参加賞ですね。
優勝都市は、第一回から三回までが大連、戦争で中止となる直前の1940年に行われた第14回大会は京城府と、この大会の歴史は、日本史の縮図になっている気がします。

本当に小さなメダルですが、どこから見ても藤井浩祐らしさが溢れたメダルです。
扇子で顔を隠した女性が立ち姿で描かれています。
裸像に見えますがどうでしょう?
室内で行われる展覧会と異なり、公共に用いられるメダルに裸婦の像はあまり見かけません。
藤井浩祐の他の作品に同様の作品があればハッキリするのですが、どうも無いようです。

藤井浩祐の作品には、多くの裸婦の他に、踊り子など風俗を描いた作品があります。このメダルの作品が裸婦像であるならば、その中間の作品だと言え、興味深いです。
このメダルの姿から、モネの『着物をまとうカミーユ・モネ』のようなジャポニズムを感じます。つまり海外から見た日本という視線です。
彫刻(sculpture)という海外の文化を用いて日本を見る。
これはまさに藤井浩祐の視線のあり方だと言えないでしょうか?
そして、その視線が常に軽やかで明るい!
彼の作品を見ると、彫刻の未来を信じている藤井浩祐の姿が浮かびます。