2019年7月20日土曜日

畑正吉によるエンボス加工の原型

以前、畑正吉原型によるエンボス作品を紹介しました。
http://prewar-sculptors.blogspot.com/2019/05/blog-post_26.html

最近、畑正吉が残した作品を整理していましたら、その中からエンボス加工の為に制作されたと見られる原型作品が見つかりました。
その作品には、畑正吉による裏書がなされています。

尚山堂 水野○○氏依頼 明治四十三、四年頃 紙浮出ノ原型ニシテ西洋写真ニヨル 正吉作』とあります。

この水野○○氏は以前紹介しましたように「尚山堂」の水野倶吉のことでしょう。
明治43年は、畑正吉が農商務省海外練習生として滞欧留学から帰った直後になりますね。
留学で畑正吉が持ち帰った写真を模刻したものかは不明です。

明治38年頃に行われた日露戦争では、それを記念する絵葉書が売れに売れ、絵葉書ブームが起きました。
このエンボスの原型も、水野倶吉の手によって絵葉書等で用いられたのかも。

学生時代の畑正吉は、東京美術学校の学費が払えないほど貧窮していて、尚山堂の依頼のお陰で支払うことができたそうです。
こういった依頼はどれくらいあったのでしょうね?
学生時代の朝倉文夫は、海外向け土産品の原型制作が忙しすぎて歩いて学校に行く時間がなく、人力車を雇って通ったとか。
折からの絵葉書ブームで、畑正吉への依頼もかなりあったのかもしれません。

2019年7月17日水曜日

性愛のロダンと新海竹太郎

私のような素人だからこそ好きに書けるわけで、学者さんの言わない歴史のifだって自由に言い放題!
というわけで、今日の「もしも...」は『ロダンの接吻が日本の彫刻史に強い影響を与えていたら...』です。
いや、ロダンは日本の彫刻史に影響を与えているだろ!と言う人もいるかと思いますが、ロダニズムを受容した当時、ロダンの性愛をテーマにした作品に言及した日本の作家というのは殆ど見当たらないのです。
萩原守衛だろうが高村光太郎だろうが、目に写ってはいるはずなのに形にしない。

たしかにその時代は、「男女七歳にして席を同じゅうせず」の時代だっただろうし、裸体像への検閲だってあったでしょう。
陽咸二の「燈下抱擁像」も展示不可になりかけたんじゃなかったなかったかしら。
http://search.artmuseums.go.jp/gazou.php?id=10575&edaban=1

それでも、抱き合う男女、愛と性欲、そんな私たち人間のリアルを研究しようとする姿勢が、当時の日本人には見られない...

しかし!
私たち日本人が性愛をテーマに出来るモチーフがあり、それに気がついた彫刻家がいました。
それは日本近代彫刻のレジェンド、新海竹太郎です。
シバとバルバチ(シヴァとパールヴァティー)

パールヴァティーは、ヒンドゥの神シヴァの亡くなった妻サティーの生まれ変わりで、愛する妻を失って女性を受け入れまいとするシヴァの頑な心を解いた神妃です。
「山の娘」を意味するパールヴァティーが、シヴァに初々しくも愛を表現するこの姿!
新海竹太郎以外でこういった彫刻をつくれる作家はいません。

また、新海竹太郎には「歓喜天」というガネーシャの姿を描いた作品もあります。
https://www.tobunken.go.jp/materials/sinkai/28022.html

そう、性愛を否定しないインド、ヒンドゥの神々の姿を借りれば、ロダンの性愛を日本人が描く事が可能となるのです。

新海竹太郎が関わった日本美術院では、岡倉天心が明治34年ごろからインドに渡り、アジアを全域を視野に入れて活動します。
岡倉天心という愛と欲の塊が、プリヤンバダ・デーヴィー・バネルジーというインドの女性と恋に落ちたのは、1912(明治45)年。
この頃、天心がもう少し日本の当代彫刻に興味を持っていれば、ロダンの性愛をインドを通して表現する文化が芽生えていたかもしれません。

しかし、1913(大正2)年に天心は亡くなります。
新海竹太郎が発見した「ロダンの性愛をインドを通して表現」もその後に続く作家はありませんでした。
彫刻における性愛は、禁忌となってしまいます。

「もしも...」『ロダンの接吻が日本の彫刻史に強い影響を与えていたら...』
日本の彫刻史のみならず、日本人の恋愛観をも変えていたかもしれません。
このように...

2019年7月6日土曜日

日本帝国徽章商会 

明治後半頃の「日本帝国徽章商会」チラシです。
表には「日本帝国徽章商会」がどれだけ凄いかをドャった文章、その隣に徽章と賞牌の功用として、日本の体育の向上などに賞牌がどれだけ役に立つか、日本にとってのメダルの必要性を説いています。
そして裏には、日本帝国徽章商会のメダルを多数記載。


このチラシでは、明治10年に起業となっていますが、山田盛三郎著「徽章と徽章業の歴史」によれば、日本帝国徽章商会の創業者鈴木梅吉は、明治13年ごろに小間物屋をはじめ、明治18年ごろからメダルの受注を受けたとあります。
日本帝国徽章商会として登録したのが明治10年と言うことでしょうか?
しかし、東京千代田区にある「徽章業発祥の地」の碑文には『明治18年(1885),鈴木梅吉により 日本帝国徽章 商会が創られました。』とあります。
チラシの方が明治10年と盛っているのでしょうか?

また、チラシには当時の日本帝国徽章商会の店構えがイラストで載せてあります。
先の「徽章と徽章業の歴史」にも写真がありますが、正にその姿ですね。

「徽章と徽章業の歴史」より
 看板には「賞牌徽章金銀盃木盃 貴金属品製造所 日本帝国徽章商会」とあり、その上には「鈴木」の看板が掲げてあります。これは写真では見えない位置になっていますね。
チラシの絵を観ると、ガラスケースを多用した、和洋折衷のつくりである事がわかります。

その隣に「 UMEKICHI SUZUKI」「MEDAL MAKER」と掲げた西洋館が建っています。
「徽章と徽章業の歴史」によれば、これが建ったのは大正の初めで、「時計部」であったといいます。
チラシは明治30年ごろで、大正初めとは時期が異なりますが、こっちは「徽章と徽章業の歴史」の誤りかもしれません。

この建物、関東大震災は乗り越えたのでしょうか?
日本帝国徽章商会のあった麹町区飯田町(現飯田橋)は震災の影響が少なかったと言いますがどうだったでしょう?
日本のメダル史の遺物として現代まで残っていたらなぁと思います。(さすがに東京大空襲は乗り越えられなかったでしょうけど...)

2019年6月26日水曜日

黄土水の映像 YouTubeより

台湾出身の彫刻家、黄土水(Huang Tu-Shui)の映像を集めてみました。
日本統治時代の台湾から初めて東京美術学校に入学、官展に入選するなど活躍しましたが、1930(昭和5)年に35歳で亡くなります。

黄土水が、近代化を経た(と考えている)日本人から見た未近代(と考えている)の台湾を内在化しなければならなかった事、その上で自身の個(芸術)と向き合わなければならなかった事...
彼の作品には、考えなければならない事が多くあると思います。


声で伝える美術館(第九回)黄土水《台湾近代彫塑の先駆》

【台灣百年人物誌】雕刻家黃土水

【民視台灣學堂】台灣美術一世紀:台灣雕刻家黃土水 作品充滿台灣鄉土關懷
 2017.06.20—李欽賢

清涼音文化 蕭瓊瑞教授:田園牧歌---台灣近代雕刻先驅黃土水

2019年6月23日日曜日

Intermission 荻野真「孔雀王」と岡倉天心の美術

漫画家荻野真さんがお亡くなりになりました。
http://www4.airnet.ne.jp/kujaku/
彼の「孔雀王」は、中学生の頃の私に強い影響を与えた作品の一つです。
同郷の作家として、強いシンパシーを受けていました。

「孔雀王」の特徴は、古今東西のオカルトのごった煮です。
あのオウム真理教の事件で、宗教のごった煮と言われたその教義に既視感があったのは、私に「孔雀王」などのオカルト漫画にはまっていた子供の頃があったからでしょう。
オウムの信徒もまた同じ素地があったのではと思います。

そんな「宗教のごった煮」は、当時のオカルト好きの妄想だったのでしょうか?
いえ、戦前の歴史を調べていくと、そうではなかったことがわかります。
あの大東亜戦争で日本の宗教人や知識人は、アジアにおける宗教の統一を望んでいました。「八紘一宇」はそういった意味を含んでいたんですね。

「八紘一宇」を生み出した田中智学は、天皇信仰と日蓮宗とを結びつけ、そしてその信仰を世界唯一の信仰にすべきだと考えます。

日蓮主義は即ち日本主義なり、日蓮上人は日本の霊的国体を教理的に解決して、末法万年宇内人類の最終帰依所を与えんがために出現せり。本化の大教はすなわち日本国教にして、日本国教はすなわち世界教なり

田中智学の思想では、多くの宗教があるがその根本は一つの「教え」であり、その根本を示すのが『日本国教』であると言います。

また、アジア主義者の大川周明は、19歳頃の論文で「宇宙の大霊と合致すること」が人間の目的であると言います。そして彼は既存宗教を統一し社会主義革命を起こすことを目指します。

そんな大川がサポートした人物がインド独立運動家のラージャ・マーヘンドラ・プラターブです。
彼は、既存宗教を超えた「愛の宗教」を示し、その信仰によって世界を統一、国家をも超えて「世界連邦」の確立を説きました。

このような宗教を一つし、新たな信仰世界を確立しようとする運動は同時代的に起きていたのですね。

例えば、インドの宗教家ヴィヴェーカーナンダは、1893年にシカゴで行われた万国宗教会議で「多様性の中の単一」「一切のものの中心には、同一性が君臨」とすべての宗教が持つ真理の単一性、同一性を説きました。

そのヴィヴェーカーナンダと意を合わせたのが岡倉天心でした。
彼の『不二一元』論、全てのものは根元にて一元化されるという考えは、ヴィベーカーナンダの思想の影響を受けています。そして天心はその意味で「アジアは一つ」と説いたわけです。

「八紘一宇」「アジアは一つ」は戦時中の日本を正当化する言葉となりました。
そしてその思想は、戦後オウム真理教の教義に受け継がれていったわけです。
オウムの事件は、戦時下日本宗教の徒花だったのですね。
否定しづらいわけです。
(ちなみにインドの『不二一元』論は、ニューエイジにも影響を与え、この流れの果てにオウムもあります。)

岡倉天心は日本美術もまた『不二一元』の表れだと考えます。
その薫陶を受けた彫刻家たちは、自らの仏臭い彫刻観を超克するために天心の思想を求めたのだと思います。

つまり、近代の日本彫刻と「孔雀王」やオウム真理教は、同じ潮流にあったと言えます。
だからこそ私は、子供の頃のオカルトに触れた時と同じ奇妙な魅力を近代彫刻に感じているのだと思います。

2019年6月9日日曜日

百貨店のパノラマ「紀元二千六百年奉祝展覧会」記念絵葉書

現在、高島屋史料館TOKYO 4階展示室で行われています「パノラマとしての百貨店」に便乗して、百貨店のパノラマを紹介します。
「パノラマとしての百貨店」は百貨店のパノラマ的な展開を紹介する展覧会のようですが、ここでは字のとおり、百貨店で展示されたパノラマです。

まずは、日本のパノラマについての薀蓄。
明治23年、上野に「パノラマ館」という見世物小屋が建てられました。
円形の建物に360度の絵や模型を配し、日清戦争などをテーマにし、観客を集めました。
「パノラマ館」は明治の終わり頃に衰退しますが、変わってその一部を切り取ったジオラマが制作されます。
これらの制作に関わったのが、当時の画家や彫刻家でした。

今回紹介する絵葉書は、大阪松坂屋の「紀元二千六百年奉祝展覧会」
紀元二千六百年、1940(昭和15)年ですが、この年に全国各地で記念行事が行われました。
当時のハイカラ文化の中心を担っていた百貨店も同様に記念展覧会を行います。
そして、大阪松坂屋にて行われたのが下記のようなパノラマ(ジオラマ)の展示でした。


 橿原奠都(紀元元年頃)とあるように、この造形物は神武天皇が即位したその場を描いたもののようです。
精巧に作られた人物像に当時のものと考えられていた装いをさせています。
後ろを向いて座っているのが神武天皇でしょうか?
もしかしたら竹内久一の神武天皇像の様に、明治天皇像の姿に似せた姿であったかもしれません。
この像の製作者は誰だったのでしょう?
彫刻家か、または生き人形の系譜の作家でしょうか?
 こちらは奈良時代の糸つむぎをする女性を描いたパノラマ。

そして、こちらは「近古の商売」ジオラマです。


こういった展示は、帝国京都博物館の監修が入っていたのではと推測します。
現在でも博物館では、こういったパノラマ(ジオラマ)の展示はありますね。
けれど、全てをリアルに見る事は決して良いことと言うわけではないんです。

パノラマ(ジオラマ)というのは、時間を固定してしまうという彫刻の持つ「虚構」を明示してしまうように思います。
そこばかりが気にかかるのです。
その虚構にさらに虚構を重ねる...それが杉本博司の「ジオラマ」シリーズでしょう。
この絵葉書を眺めていると、彼の作品の様に見えてきます。

彼の「ジオラマ」シリーズは近代の彫刻の問題でもあるだと思います。
彫刻は時間を止めるという「虚構」の上に、ARTであるという「虚構」を重ねることでなりたっている...
いや、それ以上の問題を含んでいるのかも。
それを例えるなら、広島にある「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから」と書かれた原爆死者慰霊碑を、時間を止めた「虚構」であると叫びつつ、その虚構性に乗っかるような...それが「彫刻」であり「近代」であり、この「世界」なのだと表明されたような...

私たちはこの絵葉書にある「紀元二千六百年」の姿を、そんな馬鹿なと笑い飛ばすことができます。
これらが模型であるように、リアルな姿ではない。当時のそれをリアルだと考えたかった人々の「虚構」だと。
では、私たちは「虚構」の無い世界に生きていると言えるのでしょうか?
その虚構性に更に『虚構」を重ねて生きているだけでは?
『歴史」はその『虚構」の断面でしかないのでは?
そんなことを考えてしまいました。

2019年6月2日日曜日

第五回帝展 山崎朝雲 作 頭山翁 絵葉書

山崎朝雲は、慶応3年生まれ。
明治29年に高村光雲に師事します。
明治34年に、福岡市東公園に「亀山上皇」銅像建設。
そして、平櫛田中・米原雲海らと日本彫刻会を結成...
https://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/8812.html

当時の主要な彫刻家を年齢別に並べます。
高村光雲(1852生れ)-山崎朝雲(1867)新海竹太郎(1868)米原雲海(1869)-平櫛田中(1872)-朝倉文夫・高村光太郎(1883)

山崎朝雲は、光雲と平櫛田中との間の世代になります。新海竹太郎や米原雲海と同期ですね。「彫刻」という概念が日本に渡り、朝倉文夫や高村光太郎のように血肉化する直前の作家だと言えるでしょう。
その中で新海竹太郎ほど西洋よりにならず、「日本」にこだわったのが山崎朝雲です。
つまり「仏師」臭さが抜けないことにこだわり続けた作家...それが山崎朝雲だと思うのです。

山崎朝雲は、先の日本彫刻会の会長であった岡倉天心の影響を強く受け、日本木彫の近代化を目指します。とはいえ、岡倉天心の唱えた「Asia is one.」は日本を超えてアジア全体を視野に入れたものでした。天心の理想の中では、「日本」にこだわっていてたわけではありません。
しかし、その天心の「アジア主義」は、戦時下に於いて「日本(皇室)を中心としたアジア」に変わります。
その二つの「アジア主義」を橋渡しする思想を持ち、当時の日本に大きな影響を持っていたのが頭山翁、つまり右翼の巨頭「頭山満」と玄洋社でした。

頭山満は、日本の政治と戦争の裏側で暗躍すると同時に、朝鮮の金玉均、中国の孫文や蒋介石、インドのラス・ビハリ・ボース、ベトナムのファン・ボイ・チャウなど、日本に亡命したアジア各地の民族主義者・独立運動家への援助を積極的に行います。
それは、岡倉天心の空想・理想を現実的な政治運動にしたとも言えるでしょう。

そんな「頭山満」の像を制作したのが山崎朝雲でした。
1924(大正13)年の第五回帝展に山崎朝雲作「頭山翁」は出品されます。
この年の11月には、頭山満に会った孫文が、神戸で「大アジア主義講演」を行い、「日本は西洋覇道の鷹犬になるのか。東洋王道の干城になるのか」と述べ、アジアの仁義道徳を、世界秩序の基本にすべきであると主張します。
こうした激動の時代の中で、山崎朝雲は、岡倉天心の理想を現実化する人物として「頭山翁」を制作したのだと思います。

ちなみに、千葉県市川市の法華経寺にある「頭山満」銅像は、この山崎朝雲の立像を胸像にしたものに見えるのですが、どうでしょう??https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/68/e6/15a654e1a4a369ca718e9bc65a5251a4.jpg

重い話が続いたので、私の好きな山崎朝雲の作品「同級生の吊辞」
吊辞の「吊」は「弔う(とむらう)」の意味です。
つまり「弔辞(ちょうじ)」、死者をとむらう言葉を読む女学生の図なんですね...
可愛い作品なのだけどね...
結局重い話で終ります。